椎間板ヘルニアの症状は腰にどう出てくる?

椎間板ヘルニアの症状は腰に痛みを伴って現れます。
椎間板ヘルニアは、腰と腰の間にクッションの役割をしている
椎間板という軟骨の障害です。


椎間板ヘルニアの症状は腰に激痛をもたらします。
椎間板は線維輪という周辺の堅い部分と、髄核という中心部分で
構成されているのですが、この線維輪が何かの拍子に破れ
髄核が出ていてしまうことがあります。
これが椎間板ヘルニアです。


椎間板ヘルニアの症状、腰の場合はひどい激痛です。
背骨の後ろの空洞内に神経がたくさん通っているのですが、
髄核が飛び出たことで、この神経が圧迫されることで、
腰や下半身に激痛が走ります。


椎間板ヘルニアの症状は腰に限らず、下半身の痺れや痛みが
出る場合も多く、その症状を坐骨神経痛といいます。
椎間板ヘルニアでこのような症状が腰や下半身に出た場合、
トイレにいくことも困難となるほどの痛みが発生するのです。


椎間板ヘルニアの症状が腰以外、下半身などに広がってくると、
更に症状は悪化し、尿意がわからなくなったりします。
仰向けに寝ることもひどく痛みが走り、眠っても動くたびに
激痛が走るため、ろくろく眠ることもできません。
椎間板ヘルニアもひどい症状になると、足を引きずるように歩くことしか
できなくなります。足を持ち上げるということが痛みのために
困難になるからです。


椎間板ヘルニアは神経を圧迫している状態ですから、
鎮痛剤やブロック注射を用いても痛みが解消されることが
少なく、もし痛みを取ることができても時間の経過とともに
痛みが現れます。