椎間板ヘルニアの症状が頚椎にきた!

椎間板ヘルニアの症状は頚椎にもあります。そもそもヘルニアという言葉は
「ものの中身がはみ出す」という意味を持ちます。
椎間板ヘルニアの腰と同じように、頚椎でも椎間板の髄核をつつむ線維輪が
つぶれたりさけることによって、髄核がはみ出る状態を言います。


椎間板ヘルニアの症状は頚椎の場合は、頚椎部の激痛、肩こり、背中の痛み、
手から腕にかけの痺れや痛み、手指の動きがぎこちない、歩行障害、排尿障害という
たくさんの症状があります。


椎間板ヘルニアのこのような症状は、脊椎だけでなく多くの障害を生みます。
飛び出した髄核が神経や脊髄を圧迫するのですから、非常に辛いものです。
この脊椎の椎間板ヘルニアは、40代に多く発症するといわれています。


椎間板ヘルニアの症状が脊椎に現れるのは、首の老化やスポーツ障害、又は
自己などの後遺障害によって起こります。頚椎は7つの椎骨が積み重なって構成されています。
その椎骨と椎骨の間にあるのが椎間板で、人間の重い頭を支えそれを動かすために必要な
非常に大切な部分です。


椎間板ヘルニアの症状が一番出やすい年齢として脊椎の場合、40代といわれています。
人間の老化は20歳という若さから始まります。20歳を過ぎると、脊椎の髄核の水分が
減少していき、クッション性が徐々に衰えてきます。クッション性がなくなるということは
脊椎が衝撃に弱くなるということです。


椎間板ヘルニアの症状で、脊椎の場合ははじめのうちは肩こりや圧迫感、首の痛み、などから
始まり、更に症状が進むと頭痛を伴ったり、寝る姿勢にこまるほどの激痛が走る、よく眠れない
などという状態にまでなってしまいます。