椎間板ヘルニアの症状、腰椎椎間板ヘルニアでは?

椎間板ヘルニアの症状、腰椎椎間板ヘルニアではどういった症状となるのでしょう。
椎間板ヘルニアの症状の中でも腰椎椎間板ヘルニアは激しい痛みを伴います。
腰から足先への痺れや痛み、筋力が低下する場合もあります。
せき、くしゃみだけでも激痛が走るのが、椎間板ヘルニアの症状でも
腰椎椎間板ヘルニアの症状として有名です。


椎間板ヘルニアの症状、腰椎椎間板ヘルニアの症状は、まだまだあります。
神経根を圧迫することによる坐骨神経痛の症状を引き起こしたり、
症状がされに進むとトイレで排尿するだけでも激痛が走るようになります。


椎間板ヘルニアの症状でも脊椎椎間板ヘルニアは激痛を伴う場合が多いので、
腰を曲げて歩くことしかできないほどの腰痛や下肢の激痛、また
椅子に腰掛けるという前傾の姿勢がひどく痛む、
仰向けに眠ることができず、横向きにしかねることができない、
寝返りを打つたびに激痛でしっかり眠れないという
辛い症状が出るようになります。


椎間板ヘルニアの症状は加齢によって起こるものと、腰椎椎間板ヘルニアの場合は、
スポーツ障害などでも多く見られますので、中学生や高校生などにも
症状が出ている場合もあります。


椎間板ヘルニアの症状を引き起こす腰椎椎間板ヘルニアには、タイプがあります。
多く見られるのが、脱出型、これは線維輪に亀裂が入って髄核が出てしまったもの、
完全脱出型は飛び出した髄核の一部やかけらが椎間板の中の髄核と完全に分離したもの、
膨隆型は、線維輪に亀裂はなく、髄核が飛び出していないが、髄核と線維輪が
一緒に膨れ出てしまう状態を言います。