椎間板ヘルニアの症状は腰にどう出てくる?

椎間板ヘルニアの症状は腰に痛みを伴って現れます。
椎間板ヘルニアは、腰と腰の間にクッションの役割をしている
椎間板という軟骨の障害です。


椎間板ヘルニアの症状は腰に激痛をもたらします。
椎間板は線維輪という周辺の堅い部分と、髄核という中心部分で
構成されているのですが、この線維輪が何かの拍子に破れ
髄核が出ていてしまうことがあります。
これが椎間板ヘルニアです。


椎間板ヘルニアの症状、腰の場合はひどい激痛です。
背骨の後ろの空洞内に神経がたくさん通っているのですが、
髄核が飛び出たことで、この神経が圧迫されることで、
腰や下半身に激痛が走ります。


椎間板ヘルニアの症状は腰に限らず、下半身の痺れや痛みが
出る場合も多く、その症状を坐骨神経痛といいます。
椎間板ヘルニアでこのような症状が腰や下半身に出た場合、
トイレにいくことも困難となるほどの痛みが発生するのです。


椎間板ヘルニアの症状が腰以外、下半身などに広がってくると、
更に症状は悪化し、尿意がわからなくなったりします。
仰向けに寝ることもひどく痛みが走り、眠っても動くたびに
激痛が走るため、ろくろく眠ることもできません。
椎間板ヘルニアもひどい症状になると、足を引きずるように歩くことしか
できなくなります。足を持ち上げるということが痛みのために
困難になるからです。


椎間板ヘルニアは神経を圧迫している状態ですから、
鎮痛剤やブロック注射を用いても痛みが解消されることが
少なく、もし痛みを取ることができても時間の経過とともに
痛みが現れます。

椎間板ヘルニアの症状が頚椎にきた!

椎間板ヘルニアの症状は頚椎にもあります。そもそもヘルニアという言葉は
「ものの中身がはみ出す」という意味を持ちます。
椎間板ヘルニアの腰と同じように、頚椎でも椎間板の髄核をつつむ線維輪が
つぶれたりさけることによって、髄核がはみ出る状態を言います。


椎間板ヘルニアの症状は頚椎の場合は、頚椎部の激痛、肩こり、背中の痛み、
手から腕にかけの痺れや痛み、手指の動きがぎこちない、歩行障害、排尿障害という
たくさんの症状があります。


椎間板ヘルニアのこのような症状は、脊椎だけでなく多くの障害を生みます。
飛び出した髄核が神経や脊髄を圧迫するのですから、非常に辛いものです。
この脊椎の椎間板ヘルニアは、40代に多く発症するといわれています。


椎間板ヘルニアの症状が脊椎に現れるのは、首の老化やスポーツ障害、又は
自己などの後遺障害によって起こります。頚椎は7つの椎骨が積み重なって構成されています。
その椎骨と椎骨の間にあるのが椎間板で、人間の重い頭を支えそれを動かすために必要な
非常に大切な部分です。


椎間板ヘルニアの症状が一番出やすい年齢として脊椎の場合、40代といわれています。
人間の老化は20歳という若さから始まります。20歳を過ぎると、脊椎の髄核の水分が
減少していき、クッション性が徐々に衰えてきます。クッション性がなくなるということは
脊椎が衝撃に弱くなるということです。


椎間板ヘルニアの症状で、脊椎の場合ははじめのうちは肩こりや圧迫感、首の痛み、などから
始まり、更に症状が進むと頭痛を伴ったり、寝る姿勢にこまるほどの激痛が走る、よく眠れない
などという状態にまでなってしまいます。

椎間板ヘルニアの症状、腰椎椎間板ヘルニアでは?

椎間板ヘルニアの症状、腰椎椎間板ヘルニアではどういった症状となるのでしょう。
椎間板ヘルニアの症状の中でも腰椎椎間板ヘルニアは激しい痛みを伴います。
腰から足先への痺れや痛み、筋力が低下する場合もあります。
せき、くしゃみだけでも激痛が走るのが、椎間板ヘルニアの症状でも
腰椎椎間板ヘルニアの症状として有名です。


椎間板ヘルニアの症状、腰椎椎間板ヘルニアの症状は、まだまだあります。
神経根を圧迫することによる坐骨神経痛の症状を引き起こしたり、
症状がされに進むとトイレで排尿するだけでも激痛が走るようになります。


椎間板ヘルニアの症状でも脊椎椎間板ヘルニアは激痛を伴う場合が多いので、
腰を曲げて歩くことしかできないほどの腰痛や下肢の激痛、また
椅子に腰掛けるという前傾の姿勢がひどく痛む、
仰向けに眠ることができず、横向きにしかねることができない、
寝返りを打つたびに激痛でしっかり眠れないという
辛い症状が出るようになります。


椎間板ヘルニアの症状は加齢によって起こるものと、腰椎椎間板ヘルニアの場合は、
スポーツ障害などでも多く見られますので、中学生や高校生などにも
症状が出ている場合もあります。


椎間板ヘルニアの症状を引き起こす腰椎椎間板ヘルニアには、タイプがあります。
多く見られるのが、脱出型、これは線維輪に亀裂が入って髄核が出てしまったもの、
完全脱出型は飛び出した髄核の一部やかけらが椎間板の中の髄核と完全に分離したもの、
膨隆型は、線維輪に亀裂はなく、髄核が飛び出していないが、髄核と線維輪が
一緒に膨れ出てしまう状態を言います。